乳児湿疹の症状と完治の体験談

いつまで経っても治らない! 本当に乳児湿疹なの?それともアトピー?

赤ちゃんとお人形

赤ちゃんを産むと、周りの見え方全てが変わりますよね。

私は赤ちゃんを産んでからというもの、すごく心配性になった気がします。

これはどんなママでも経験があるのではないでしょうか。

今でこそ、少し傷ができても「これくらい大丈夫〜!!」と言えますが、小さい赤ちゃんのうちはそうはいきません。

生まれたばかりの赤ちゃんの最初の試練、それは乳児湿疹。

赤ちゃんにとっても試練だし、家族にとってもそうですよね。

私は一日中赤ちゃんと過ごすことで、心配性に拍車がかかっていった気がします。

なんだか今までの乳児湿疹とは違うかも。

これって本当に乳児湿疹なの?? と、どんどん心配が積み重なっていきました。

そんな私が経験した、赤ちゃんの乳児湿疹やアトピーについて紹介したいと思います。  

新生児ニキビ

乳児の手

我が子はちょうど生後3週間あたりから、口元やおでこに湿疹が出始めました。

最初は小さな赤いプツプツ。日が経つにつれて、まるで大人のニキビのような白い脂も溜まっている感じ。

そこで初めて私は乳児湿疹について知りました。

そう、この顔全体に広がっていく 赤いプツプツこそが「新生児ニキビ」なのです。

私の友達や周りの人の中で、この新生児ニキビが出なかった赤ちゃんはいません。

ほぼ100%!! 新生児ニキビを経験しています。

赤ちゃんは母乳やミルクを飲む時によく口の周りが汚れますよね。

ゲップが上手に出せなかった時は、吐きもどしてしまうこともよくあります。 気づいた時には清潔にしてあげているつもりでも、自分も寝ていたりすると気づくのも遅くなったり… まだ赤ちゃんが小さいと、ゲップを出すのも難しいですよね。

動画でゲップの出し方を再確認するのも良いかもしれません。

その他にも、赤ちゃんはよく手で顔を引っ掻いたりしますよね。

傷にならないように手袋をしていても、顔を手袋でゴシゴシしちゃったり。

こういう事で赤ちゃんのニキビは悪化してしまいます。

でも清潔にしてあげていれば、病院に行かなくても治っていくことも多い気がします。

私の二人目の子は、この新生児ニキビだけだったので助かりました。 そして次に厄介な乳児湿疹!!

乳児脂漏性湿疹

乳児の沐浴 新生児ニキビが出てきてから2週間ぐらいしたら、この脂漏性湿疹が出始めました。

まあ今だから言えることで、その時は全部乳児湿疹とひとくくりで考えていましたけど… みるみるうちに耳や頭にまで湿疹が広がって、赤ちゃんの寝ていた布団も汚れるくらいジュクジュクしていました。

慌てて病院に行ったのを覚えています。

黄色、黄緑のカサブタが出来始め、悪化するとジュクジュクとなってしまう湿疹、それは間違いなく乳児脂漏性湿疹です!

お風呂に入れるたびに、体を洗うガーゼにカサブタと髪の毛がごっそりついてるという、少しホラーな日々が続きました。

カサブタだったり、ジュクジュクしたものだったり、布団もすぐに汚れてしまいますよね。

私は、肌触りの良い生地のタオルを赤ちゃんが寝る部分に敷いて、汚れたら取り替えるようにしていましたよ。

ちゃんと湿疹の種類がはっきりしていて合う薬をもらっていれば安心なのですが、そうはいかないのが乳児湿疹の怖いところ!!

乳児アトピー

乳児の顔  もらった薬も塗って、清潔にして、保湿もたっぷりしているのになかなか治らない湿疹。

もしかしてアトピー?? あまりにも湿疹の治りが遅いと不安になってしまいますよね。

アトピーは素人判断では難しいです!!

もし小児科に行っているなら、皮膚科に変えてみるのも一つの手です。

私の上の子の場合、赤い痒そうな湿疹が耳の裏や胸にまで広がってきたことで、「あれ?なんかおかしいかも!」と気付いたのがきっかけです。

そして痒いせいか赤ちゃんの機嫌がすこぶる悪い!!

そして赤ちゃんが触れる部分はどんどんひどくなってしまい、まるで怪我をしたかのようになっている部分も出てきました。

皮膚科に行って色々話をしていくと、先生に言われたのが「乳児アトピー」でした。

アトピーって、一生背負っていくものというイメージがありませんか?? アトピーと聞いて心がズドーンとなったのを覚えています。

でもね、違うんですよ。

乳児アトピーと言われた赤ちゃんは、たいてい2歳までには完治するそうです。

乳児アトピーと言われても大丈夫!! 必ず治ります!!

私も元々アレルギーを持っているし、アトピーがひどい家族もいるので覚悟はしたのですが、成長してからのアトピーと乳児アトピーは別物と考えたほうがいいと思います。

もちろん治るためには、ステロイドなど処方された塗り薬を病院の先生に言われた通りに塗っていくのが大事。

ステロイドなんて!と思わず、赤ちゃんのひどい症状が少しでも早く治るように思い切って使うことがオススメです。

薬とも上手に付き合っていきたいですよね。

可愛い赤ちゃんに少しでも異変があればすぐに気づくのがママ。 でも、必要以上に心配してしまうのもママなんです。

赤ちゃんのことはママが一番知っているけれど、赤ちゃんの体のことを一番知っているお医者さんなどを頼って、「きっと大丈夫!」とママが思えることが一番なんですよ。

まとめてみると

  1. 清潔にしていたら治る、新生児ニキビ
  2. 塗り薬を上手に使えば治る、乳児脂漏性湿疹
  3. アトピーは素人判断では難しい!!
  4. 乳児アトピーは絶対治る!!

乳児湿疹は母親の女性ホルモンが原因など言われていますよね。

こんなに辛そうなのが私のせいなんて! と悲しくなった覚えがあります。

おまけに乳児アトピーとなると、私の母乳がいけないのかな?! なんてどんどん気持ちが滅入っちゃいますよね。

なっちゃったものはしょうがない!! そう思いながら、「いやでも2歳までには絶対治るんだから」と前向きに日々過ごしていけたらいいですね。